Alden(オールデン)

オールデンのシガーコードバンプレーントゥ93911を速攻で履きおろし!

Wish List(超絶欲しいモデルリスト)の中でも入手困難だった、Alden(オールデン)のシガープレーン!

手に入れた興奮そのままに、早速履きおろしました!

恒例の、履きおろしに向けた3つの準備!

1.トゥスチール装着!

2.プレメンテ(プレメンテナンス)!

3.皺入れの儀!

まっさらな状態!

1.トゥスチール装着!

必ずスチールを付けます!

今回はビンテージスチールではなく、「トライアンフスチール」の「ジェリービーンズ」!最近は、基本ジェリービーンズ派です!

ハーフラバーは無しです。

2.プレメンテ(プレメンテナンス)!

3.皺入れの儀!

甲に装飾のないプレーントゥは、シワの入り方が超重要!シワ入れが苦手科目なので、超緊張しました。

シワ入れが苦手な理由の一つは、ルーズフィットにあると思います。

スペースがある分、シワが変なところに入ります。また、踵を上げると内側に向かって革が凹むため、外側に向かって盛り上がるようなシワができません。

今回も苦戦しましたが、初めてコツを掴んだ気がします!ポイントは、靴下を二枚履いた上で、ペンを強く押し当てること。そうすると、盛り上がるようなシワが完成!

ご覧頂きましょう!!

激闘の末、モコっとなったシワが完成!これ、インスタとかで見る度に憧れてました!

「三日三晩シワ入れの儀をやってました」と言わんばかりの人工的なシワ。しかし、念願のシガープレーンで失敗するより断然良い!

プレーントゥは、シワが入ると格好良さ100倍増し!

靴・即・履!

シガーは、本当に合わせやすいカラー!

そして、渋いアッパーにアンティークエッジが超絶オシャレ!

自分史上稀に見る成功を収めたシワ入れ!歩く度に波打つシワが愛おしい!

まとめ

シガーコードバン・プレーントゥを早速履き下ろし!シワが特に重要なプレーントゥということで緊張しましたが、個人的には上出来!そして念願のモデルだけに、履いた喜びも大きいです!