Alden(オールデン)

オールデンのサイズ選びで散々失敗してマイサイズを決めた全記録!

Alden(オールデン)サイズ選びの重要性!

・念願のオールデンのサイズが合わない!
・ようやく手に入れたレアカラーのサイズが合わない!

それはもう、筆舌に尽くしがたい悲劇です。

僕は靴のプロではありません。
あくまでも個人の意見としてお読み頂きたいですが、多くのAldenを履いて散々失敗した実体験を書かせていただきます。

サイズ迷走の歴史!

1.7D期

2.全ラスト7.5D期

3.全ラスト8D期

4.全ラスト7.5D期

5.バリー7.5D・アバディーン8D期

※体重の増減はほとんど無しです。

1.7D期

2015年頃、ファーストオールデン990(バーガンディプレーントゥ)を購入。

某セレクトショップで測って頂いた「7D」でした。
なにしろ初オールデンですから、言われるがまま。

当時は革靴のことをほとんど分からず、比較も出来ないので、「こんなものか」と思っていました。
ただ、厚手の靴下を履いた時や夕方以降、特に飲み会の後はパンパンでした。

この後セカンドオールデン99362(ブラックコードバン・ペニーローファー)7Dを購入。
爪先が当たって、履く度に痛くなりました。

2.全ラスト7.5D期

3足目として出会った975(バーガンディロングウイング)。

在庫が「7.5D」しか無かったのですが、どうしても欲しくて買いました。

その後、アバディーンなど他のラストも履いた結果、

「7Dでも履けるけどタイト、7.5Dだとややゆとりを持って履ける」

という勝利の方程式を確立。

そして、「バリーからアバディーンまで全ラスト7.5Dでいく!」と高らかに宣言し、サイズ問題に終止符を打ちました。

3.全ラスト8D期

7.5Dへの違和感

ところが2016年11月頃、寒くなるにつれ、左足の親指が当たっている感覚が強くなっていきました。
暖かいうちは気にならなかったのですが、冷え性で指先が敏感になったことが一因と思われます。

この頃、バリーとアバディーンの8Dを手にしました。

そのサイズしか無かったので8Dにしたのですが、バリーはルーズフィットであるものの、指先が当たることも、かかとが抜けることもなく、思いの外快適!

「これはもう8Dの流れだ」と思いましたが、反面、現に7.5Dで満足していた時期もあったわけですし、「一度ちゃんと測ってもらおう」と思い立ちました。

ラコタハウスでは8.5C!

実はこれまで、ちゃんと測って頂いた経験がありません。
それで百貨店を2,3店回りましたが、思うようにいかず・・・。

そこで、ちょうど大阪に行く機会があったのでラコタハウス大阪店へ!

そこでの結果は・・・「8.5C」

でもCウィズはほぼ売ってないので、「Dウィズだとどうなりますか?」と質問。

ところが、Cウィズだと言われているのにDウィズを聞く、というトンチンカンな質問で僕自身訳が分からなくなり、「8.5C」しか頭に残っていません・・・。

凄いぞ、伊勢丹シューカウンセラー!!

そうしたところ、伊勢丹には「シューカウンセラーサービス」というものがあり、無料で計測を受けられることが判明!!(全国無料??)

僕は新宿店ではありませんが、新宿店は予約まで可能!!さすが伊勢丹、凄い!!

計測結果!

足長・・・右25.9cm・左26.2cm

足幅・・・右9.9cm・左9.4cm

足囲・・・右24.3cm・左23.4cm

シューカウンセラーの方から、「左右差が大きくて大変ですね」と言われる数値・・・。

シューカウンセラーの方とのやりとりで分かったこと。

①左の方が3mm長いのに、足幅と足囲は左の方が小さい。足囲に至っては、ほぼ1センチも違う。

つまり、左が細長いんですね。

足長の差はわずか3mmで、「そんなの影響あるの?」と思われるかもしれませんが、ちょうどバリーでいう7.5Dと8Dの境界をまたぐことになると思います。

ですから、7.5Dだと左足が当たるけど、8Dだと当たらないわけです。

そして、当たると言っても僅かではあるので、これまで7.5Dでいけると思っていたのも無理ありません。

②数値としては残っていませんが、左足の親指のほうが5mmほど高い。

確かに7.5Dを履いていると、当たる感覚が強いのは親指の「先端」というより、親指の「ちょっと上の方」(爪のあたり)なんです。

これは、左足の方が「長い」ことに加え、「高い」ことが原因だと腑に落ちました。これは大発見!

③特徴として、カカトが小さく、甲も平たい。

足長からすると、長い左に合わせてバリー8Dのはずですが、足幅と足囲がそれほどありません。

これが、8Dだとルーズフィットになる原因だと腑に落ちました。

8Dに正式決定!

足幅と足囲も大事ですが、とにかく指が当たるのは耐えられません。
ですから、足長の長い左に合わせると7.5Dは若干小さいので、8Dを選択すべきという結論に至りました。

もちろんCウィズを買えればラコタハウス計測の8.5Cというのもありですが、あまり現実的ではないと考えています。
そして、以前書いたサイズ選び法を前提に、全ラスト8Dに決定!

4.全ラスト7.5D期

約2年間、ルーズフィットながら8Dで問題無く過ごしました。

ところが2018年9月、「踵ゆるゆる問題」でサイズ問題が再燃!

必死にオールデンを集めてきたので、本当に落ち込みました!

そして、「全ラスト7.5Dを基本にする」という結論に至りました!

結果的に、一度は決別した7.5Dに逆戻り。

ただ過去に「全ラスト7.5D」と決めた時は、相談できる相手も居なければ、自分の足のこともよく知らない状態。
いわば、「素人が行き当たりばったりで決めたサイズ」でした(今も素人ですが…)。

しかし今回は、信頼できる方に相談したり、色んなサイズを履き比べたり、一旦8Dを経験した上での判断。

結論自体は同じでも、その重みは比べ物にならないと思っています!

5.バリー7.5D・アバディーン8D期

「全ラスト7.5Dを基本にする」と決めて、

・バリー(短靴)
・プラザ(短靴・ブーツ)
・ミリタリー(短靴)
・レイドン(ローファー)

これらのラストを、7.5Dで手に入れました。

このうち、バリー・ミリタリー・レイドンは7.5Dでジャスト。

しかしプラザ7.5Dは、ウィズがきつく、小指の側面が凄く窮屈でした。

その結果、プラザは7.5Dではなく8Dにしようと決めました(アバディーンも同様)。

プラザ・アバディーンはハーフアップというのは、多くのオールデンファンのサイズ選びと同じ。

ここに来て、ようやく正規ルートに来た感じがします!

まとめ

オールデンデビューから現在に至るまでの、サイズ選びの全記録をご紹介しました!
一旦決別した7.5Dに戻るなど、本当に失敗ばかり。
その理由は、僕の足が非常に細長いこと、そしてその特徴を自覚せず、行き当たりばったりで決めたことにあります。
ぜひ皆さんには、同じ失敗をしないで頂きたいと思っています!

【関連】Alden(オールデン)のサイズまとめ!