Alden(オールデン)

Aldenのラベロコードバン・ロングウイング97504を履きおろし!

早速履きおろし!

2018年、久々にリリースされたAlden(オールデン)のラベロコードバン・ロングウイングチップ!

そして幸運にも手に入れた、The Alden Shop of San Franciscoの97504!

ラベロの色味は実に幅広いですが、今作はブラウン系!
そしてこの色味、めちゃくちゃツボです!

いつまでも手付かずの姿を眺めていたい反面、「シワ入れした美しい姿も見てみたい」「一緒に歩きたい」という衝動を抑えられません。

そこで未使用の姿を目に焼き付け、早速履きおろしました!

恒例の履き下ろし準備!

1.トゥスチール装着!

今回も、「トライアンフスチール」のジェリービーンズ。

ハーフラバーは無しです。

2.プレメンテナンス!

特に色の薄いコードバンには「デリケートクリーム」を使用!

以前はデリケートクリームを使う発想自体が無かったのですが、靴磨き職人さんとお話して、その偉大さに気付きました。

最大のメリットは、シミになりにくいこと!
理由は、栄養補給や潤いに特化し、艶出し成分等が少ないから!

プレメンテ以外でもよく使っており、個人的にはシミになりにくいと実感。
ただ、絶対シミにならない訳ではありませんし、くれぐれも塗り過ぎにはご注意を。

オススメは、定番のエム・モゥブレィ・デリケートクリーム!
靴はもちろん、革の鞄・ベルト・財布等にもフル活用!

3.皺入れの儀!

最近は、比較的上手く行ってます!

シワの入った姿も、超絶美しい!

早速一緒に出掛けます!

いやもう、この色味!
ブラウンラベロとアンティークエッジの絶妙なコンビネーション!
そして、とにかく合わせやすい色味!

たまりません!

裾が上がっているのは、屈んでいるから!

靴下は、HALISON(ハリソン)ソックス。

履きおろし後の姿は、もはや芸術の域!

まとめ

2018年製ラベロコードバン・ロングウイングチップを早速履きおろしました!
ブラウンラベロの美しい色味、そしてシワの入った姿を見て、惚れ直しました。

関連記事