Alden Collection

Alden collection|22141(NST/ラベロコードバン/Alden of Washington DC)

Alden of Washington DCが復活させたレアカラーNST!

NSTはAlden(オールデン)を代表するモデルで、僕も溺愛しています。ただレアカラーNSTのリリースは稀で、中古市場にもなかなか出ません。

そんなレアモデルが、今年Alden of Washington DCからリリースされました!

レアカラーの中でもNSTは希少!

シガーNSTは、僕が知る限り2016年終盤のLeffotが最後。

(追記)2018年にAlden NYから出ました。

ウイスキーNSTは、2016年が最後。Uチップとしてリリースされるはずだった12足中6足が、誤ってNSTにされたアクシデントです。

ラベロNSTは、僕が知る限り2014年にThe Shoe Martとヨーロッパでリリースされたのが最後。

しかし今年、Alden of Washington DCがラベロNSTを復活させました!

Alden of Washington DCと言えば、Alden San Franciscoと双璧を成す直営店。シガーストレートチップ(24802)やラベロキャップトゥブーツ(40644HC)など、他店がなかなか出せないレアモデルも輩出!

基本情報

・Brand:Alden/オールデン

・Model:Norwegian Split Toe Blucher/NST

・Number:22141

・Color:Ravello/ラベロ

・Material:Cordovan/コードバン

・Last:Aberdeen Last/アバディーンラスト

到着!4年振りにリリースされたラベロNST!!

なんと赤いラベロでしょうか!一瞬カラー4やマホガニーと見間違える程の、燃えるような赤ラベロ!

2012年製のラベロを彷彿とさせます。

NSTの証、モカ縫い!

本来は2017年中にリリースされる予定でしたが、数ヶ月遅れての到着。職人達が全力で縫い上げていたのでしょう!

左右差が激しい!

同じ照明条件ですが、左足が明らかに赤い!ペアは一致しているので、取り違えではありません!

パーツごとの色差も激しい!

近年のレアカラーは、ヒールの革が一際差があります。目立ちにくいからでしょうか?

コードバンは均一な色にするのが難しいと言われますが、昔のレアカラーはここまで差がない気がします。原皮の問題なのか分かりませんが、レアカラー製造の難しさが窺われます。

色々おおらか!

がっちりスレがある!

ヒールの大きさが完全に違う!

ロゴの粉が飛び散ってる!最近よくある現象ですが、何度かフーっとしてもこの状態。しかもアッパーに付いちゃいます。これ、本当に止めて欲しいです。

この靴は、今年2月にリリースされました。試着すら無い状態で手に入れてます。

オールデンと付き合っていくなら、この程度のことは覚悟しなければなりません!

手に入るとは思っていなかったラベロNST!

僕がオールデンに興味を持った2015年頃以降、一度もリリースされなかったラベロNST。再販予定も見当つきませんでした。

そして再販されても、アメリカのVIP達に静かに手渡されて終わりだと思っていました。もちろん「欲しい」とは思っていましたが、ほぼ諦めていました。

しかし今、こうして目の前に!

こんな日が来るとは思いませんでした!

燃える赤ラベロは、もはや芸術の域!

2017年12月製!

まとめ

2014年以来となるラベロNSTが、Alden of Washington DCからリリースされました!まさか手に入るとは思っていなかったので、最高に嬉しいです!

履きおろし記事はコチラ!

【関連記事】ラベロの個体差!