靴磨き/メンテナンス

【動画付まとめ】初心者向け・簡単靴磨き解説!(靴みがき方法・道具・頻度)

初心者向け靴磨きの基本!

この記事は、カーフの革靴に関して、

・靴磨きをしようと思うけど、何から始めて良いのか分からない!
・色々調べたけど、靴磨き道具や方法が色々あり過ぎて分からない!

そんな方に向けて、僕なりの靴磨き法とオススメ道具を書きました。

僕自身、靴磨きを始めた当初は情報が多すぎて混乱しました。

そこで、「ネットや店頭で簡単に手に入る道具で、簡単・シンプルに磨く方法」をご紹介します。
初心者の方でも、すぐに実践可能な方法です!

※コードバンの靴磨きはコチラ。

カーフ靴磨きの全工程!

1.シューツリーを入れる!
2.馬毛ブラシでホコリ等を取る!
3.クリーナーで汚れ等を落とす!
4.クリームで栄養補給!
5.豚毛ブラシでブラッシング!
6.グローブクロスで仕上げる!

※3~5回履く度に行います。できれば靴紐を外して行います。

1.シューツリーを入れる!

目的

  • 履き皺を伸ばし、磨きやすくします。

道具

  • ベストは、その革靴ブランド純正のツリー。
  • 純正以外では「Collonil(コロニル)アロマティックシダーシューツリー」がオススメ。

サイズがS・Mという刻み方なので、通販でも買いやすいです。
香りも良く、比較的安いのが魅力です。

  • Alden(オールデン)のモディファイドラストは純正が合わないので、Sleipnir(スレイプニル)のシューツリーがオススメ。

2.馬毛ブラシでホコリ等を取る!

目的

  • ホコリや砂を落とします。

やり方

  • ガシガシやらず、優しく。
  • 履きジワやコバの辺り(靴底をくっつけてある部分あたり)も忘れずに。

道具・個数

  • 「馬」毛ブラシ
  • カラー毎にブラシを分けず共通で1本でも良いですが、出来れば靴の色の数だけ揃えます。
  • 修理屋さんに勧められたコロニル等を使っています。こだわりはありません。

3.クリーナーで汚れ等を落とす!

目的

  • 汚れや古いクリーム等を落とします。

方法・注意点

  • 特にブラウン等の薄い色は、シミに注意。
  • 布(Tシャツの切れ端でOK)を指に巻き付けて、そこに付ける。
  • 布にクリーナーを付けすぎない(1,2滴程度)。
  • 布に付けた後、そのまま靴に行かずに手の平で慣らして水分を分散させる。
  • ゴシゴシこすらず、スピーディーに、優しく撫でるように動かす。
  • 甲はシミになりやすいので、サイドの目立たない部分で少し水分を慣らしてから甲に行く。
  • 乾燥しがちな履き皺部分は、特に少量にする。
  • 一瞬シミのようになったら、時間を置く。
    それで戻ることも多い。戻らなかったら、付けすぎや乾燥を疑う。
  • 革が乾燥している時は使わない(デリケートクリームを塗る)。
    しばらく靴磨きをしていない時、新品や中古で買った時は、とりあえず乾燥を疑う。
  • クリーナーで汚れ等を落としたら、乾拭きしてクリーナーを拭き取る。

道具

  • BootBlack(ブートブラック)シルバーラインの「ツーフェイスローション」
    →知り合いの靴磨き職人さんの利用率が高いので、購入。

毎回使う?

コードバンの場合は何回かに一回使う程度ですが、カーフの場合は毎回使っています。

4.クリームで栄養補給!

方法・注意点

  • シミや色が濃くなるのに気を付けながら、しっかり栄養を与えます。
  • 小さいブラシor布or指先で、全体に塗る。薄く塗り広げていくイメージ。
  • 量は、片足米粒2,3粒程度と言われます。とにかく塗りすぎないように。
  • クリームの蓋に少量ずつ取りながらやると薄く塗りやすい。
  • ブラシ等に取って、いきなりベチャッと行くとシミになりやすい。
  • 甲はシミになりやすいので、サイドの目立たない部分で少し慣らしてから甲に行く。
    乾燥しがちな履き皺部分は、特に慎重に。
  • 油性(クレム1925等)は乳化性よりシミになる危険が高いため、特に薄い色には乳化性を使う。
    使い分けは大変なので、濃い色も乳化性で統一して良いと思います。
  • 革が乾燥している時は、クリーム塗布でシミになりやすい。
    その場合、まずシミになりづらいデリケートクリームを使う。
  • 乾燥の判断は難しいですが、しばらく靴磨きをしていない時、新品や中古で買った時は、とりあえず乾燥を疑う。

色有り?色無し?

  • 元の色味をキープしたい場合・・・靴の色と同じ or 少し薄い色の色有り
  • 色味を濃くしたい場合・・・靴の色より濃い色の色有り
  • 自然なエイジングを楽しみたい場合・・・色無し(ナチュラル・ニュートラル)

オススメ:シュプリームクリームデラックス

クリーム選びについては、動画でも解説しました!

乾燥が疑われる時は、先にデリケートクリーム!

シミになるのを防ぎながら、栄養を与えます。
ただツヤは出ないので、後で乳化性を塗るのも良いです。

製品によって成分が異なりますが、僕はモウブレイを使っています。
リーズナブルですし、革の小物・鞄等にもガンガン使えます。

履きおろし前のプレメンテナンスにもオススメです。

ブラシ

  • M.MOWBRAY ペネトレイトブラシ。
  • 靴の色の数だけ揃えます。色が移るからです。
  • 何度か使って硬くなったら洗います。

6.豚毛ブラシでブラッシング!

目的

  • クリームを均一に伸ばし、余分なクリームを取り除き、クリームを刷り込む。ステップ2(ホコリ落とし)とは違う目的です。

やり方

  • ガシガシとブラッシング。
  • ブラッシングの後に、乾拭きして余分なクリームを拭き取る。

道具・個数

  • 「豚」毛ブラシを靴の色の数だけ揃えます。色が移るからです。
  • コシのあるブラシが良いです。
  • Zapatro(サパトロ)もオススメです。

7.グローブクロスで仕上げる!

目的

  • ツヤを出し、余分なクリームを取ります。

やり方

  • 全体を優しく拭きます。

道具・個数

  • 靴の色の数だけ揃えます。色が移るからです。
  • M.モウブレイ・グローブクロスを使っています。

レザーソールのお手入れ!

靴磨きの度に行う必要はありませんが、ソールが毛羽立ってきたら行います。

まとめ!

1.シューツリーを入れる!
→純正かCollonil(コロニル)アロマティックシダーシューツリー!

2.馬毛ブラシでホコリ等を取る!
→共通で1本 or カラー別で揃える!

3.クリーナーで汚れ等を落とす!
→毎回使う!

4.クリームで栄養補給!
→色有り or 色無しはお好みで!小さいブラシは、靴の色の数だけ用意!

5.豚毛ブラシでブラッシング!
→靴の色の数だけ用意!

6.グローブクロスで仕上げる!
→靴の色の数だけ用意!

※3~5回履く度に行います(頻度は人それぞれ)。できれば靴紐を外して行います。

動画版はコチラ!

Brift H(ブリフトアッシュ)代表・長谷川裕也さんの鉄板本!

楽天で買える新品&USEDのAlden!

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/alden+/110983/

【関連記事】

【関連記事】Alden(オールデン)の靴磨き・メンテナンス・保管まとめ!