Alden(オールデン)

今まで履いたAldenのサイズ・ラスト30パターンのサイズ感公開!

Alden(オールデン)歴5年を超えましたが、定期的にサイズ問題に悩まされてきました。

そしてその過程で、様々なサイズ・ラストを試してきました。

サイズ失敗の全記録!
オールデンのサイズ選びで散々失敗してマイサイズを決めた全記録!

Alden(オールデン)サイズ選びの重要性!
・念願のオールデンのサイズが合わない!
・ようやく手に入れたレアカラーのサイズが合わな…

サイズはよくご質問頂きますので、今回は、僕が経験した全サイズ・全ラスト合計30パターンをご紹介します!

僕は靴のプロではありませんので、あくまでも個人の感想・体験談としてお読み下さい。

特に明確な答えはありませんが、何かの参考になれば嬉しいです!

主要ラストをザックリ復習!

バリー・モディファイド・トゥルーバランス

同サイズ

アバディーン・プラザ

バリーのハーフアップ

ミリタリー

基本バリーと同じですが、甲高の方はハーフアップという場合もあります。

バン等のローファー全般

足の形にも影響されるため、非常にサイズ選びが難しいです。

更に詳しく知りたい方はコチラ
バリー基準でAlden全13ラストのサイズ感を徹底解説!|オールデン初心者に捧げるまとめ#19

「オールデン初心者に捧げるまとめ」とは?
主に「Alden(オールデン)に興味を持って3年以下の方」(便宜上「初心者」と呼びます。)…

ラコタハウス・Alden NY・The Shoe Martの計測値

8.5Cという結果でした!

Dウィズで選ぶ場合は、アメリカではアバディーン8.5D、バリー8Dと言われました。

ただ結論的には、これよりハーフダウンがベストだと思ってます。

特に、アバディーン8.5Dは大きすぎます。

本場アメリカのAlden NYとThe Shoe Martでオールデンのサイズを測ってもらった!

Alden(オールデン)ファンにとって最も重大な関心事の一つ「サイズ問題」!
サイズの失敗談は「オールデンあるある」の定番で、オール…

僕が経験した全サイズ・全ラスト

・特に体重の増減はありません。

・特に「カーフ」等と書かない場合は、全てコードバンです。

・途中で出てくる「インソール」というのは、中敷きを追加してサイズ調整することです。

オールデンのサイズが大きい時は修理店でインソール追加がオススメ!|オールデン初心者に捧げるまとめ#32

「オールデン初心者に捧げるまとめ」とは?
主に「Alden(オールデン)に興味を持って3年以下の方」(便宜上「初心者」と呼びます。)…
ラスト サイズ 感想 今の結論
バリー 7D つま先当たる。

夕方以降パンパン。

7Dだとつま先が当たり、ウィズもキツイ。

現状ベストは7.5Dですが、7.5C(未経験)がベストかも。

8Dは、インソールを入れれば履けることが多い。特に、履き込んでソールの返りが良くなれば問題なし(ただし個体による)。

7.5D 経験したサイズではベスト。

個体によってフィット感は違うが、問題なく履けるレベル。

8C レングス長くて踵が抜ける。
8D レングス長くて踵が抜ける。

ウィズも緩い。

インソール入れれば、ほぼ問題なし。

8.5C どう見てもレングス長くて踵が抜ける。

ウィズも緩い。

8.5D どう見てもレングス長くて踵が抜ける。

ウィズも緩い。

インソール入れても無理なレベル。

モディファイド 7D つま先当たる。 7.5Dでもやや緩いが、7Dにするとつま先が当たる。7.5C(未経験)がベストかも。

8Dでインソールを入れた靴が2つあるが、1つは普通に履けるレベルで、もう1つはそれでも踵が抜けて履けないレベルだった。

個体差があり、判断が難しい。

7.5D 経験したサイズではベスト。

個体によってフィット感は違うが、問題なく履けるレベル。

8D レングス長くて踵が抜ける。

ウィズも緩い。

インソール入れれば履けるレベル(ただし個体によっては、それでもダメだった)。

トゥルーバランス 経験無し
バン 7D(アンラインドローファー) つま先当たる。

ウィズもキツイ。

7D(普通のラインドローファー) つま先が当たりすぎて、痛くて履けず。

ウィズもキツイ。

靴紐がない分、ローファーは難しい。

一応7.5Dがベストか。

7.5D(普通のラインドローファー) ややウィズが緩いが踵は抜けにくい。
7.5D(スエードアンラインドローファー) 踵が抜けるが、ソールの返りが良くて一応履けるレベル。
8C(普通のラインドローファー) 踵が抜ける。

インソール入れても踵が抜けて履けない。

8D(普通のスエードラインドローファー) 踵が抜ける。

インソール入れても踵が抜けて履けない。

トレモント 8D 問題なし。
グラント 経験無し
レイドン 7.5D(普通のラインドローファー) 問題なし。 中古で8Dのローファーを買ってちょうど良かったので、新品で8Dのローファーを買ったら、踵が抜けて履けなかった。

ソールの返りが良くなれば履けるが、それまでが大変。

8D(普通のラインドローファー) 新品だと踵が抜けて履けないレベル。

中古で買ったものは返りが良くて普通に履けた。

プラザ 7.5D レングスはギリギリ。

ウィズはきつい(特に小指が痛い)。

履けないことはないが、厳しい。

8Dだとやや緩いが、問題なく履けるレベル。

7.5Dの方がフィット感は高いが、つま先がギリギリでウィズもキツイ。

7.5Eが良いかもしれないが、細身のフォルムが崩れそうなので8Dが一応ベストか。

8D やや緩いが問題なし。
カプリ 経験無し
ハンプトン 7.5D ややきついが、履けないレベルではない。 プラザと同じ。
8D やや緩いが、問題なし。バリーやモディファイドの8Dと比べれば履きやすい。
8.5D 多少踵が抜けるが、なんとか履けるレベル。
アバディーン 7.5D レングスはギリギリ。

ウィズはきつい(特に小指が痛い)。

履けないことはないが、厳しい。

プラザと同じ考え方だが、8Dで踵が完全に抜けた個体に当たったことがあり、判断が難しい。
7.5E 履いた期間が短いが、特に問題を感じた記憶なし。
8D 個体による。

ちょうど良い個体もあれば、踵が抜けて履きづらかった個体もあり。

8.5D 多少踵が抜けるが、インソールでなんとかなる個体もあり。
379X(ミリタリー) 7.5D やや緩いが、経験したサイズではベスト。 7.5Dはやや緩いが問題ないので、7.5Dが現状ベスト。

8Dは明らかに緩かった(ただカーフなら問題なく履ける)。

8D カーフは若干緩いが普通に履けている。

コードバンは踵が抜ける。

カーフは柔らかいのが理由か。

トム 8D(普通のラインドローファー) サイズは問題ないが、くるぶしの骨に当たって痛くて履けなかった。

ポイント

改めて書き出してみて、気付いたポイントを書いておきます!

①個体差の影響は大きい!

同じアバディーン8Dでも、丁度良い個体もあれば、踵が抜けてしまう個体もありました。

同じモディファイド8Dでも、インソールを入れれば問題なく履ける個体もあれば、インソールを入れても踵が抜ける個体もありました。

個体差は、もう仕方ないことだと割り切ってます。

とは言え、ハーフサイズ変わる程の個体差は経験したことがありません。

対策は?

店頭で試着できるなら試着がベスト!

ただ、通販(個人輸入など)だとそれが出来ません。

そこで、次の2点が大事だと思います。

①多少の個体差があっても、問題なく履けるサイズを選ぶ(個体差によって履ける・履けないが分かれる、ギリギリのサイズは選ばない)

②ジャストフィットにこだわらない(「革靴はジャストフィット必須でしょ!」という議論はさておき)

そもそも既製靴なので、完全なジャストフィットは難しいです。

ですから、ベストは諦めてベターを選ぶイメージです。

本音を言うと、僕はバリーは7.25D、アバディーン・プラザは7.75Dが良いと思います。

でもそんなサイズ無いので、バリーは7.5D、アバディーン・プラザは8Dに落ち着いてます。

②踵が抜けるかどうかは、ソールの返り・ヒールの形状・革の種類が重要!

中古のレイドン8Dのローファーが、踵も抜けず抜群のフィット感。

ところが新品のレイドン8Dのローファーを買ったら、踵が抜けました。

この経験から、ソールの返りが大事だと痛感。

・どれくらい履き込まれたか?(履き込まれていれば返りが良い)

・シングルソールかダブルソールか?(シングルの方が返りが良い)

このあたりが影響しそうです。

「ヒールカップの形状」も大事です(浅かったり、角度が垂直に近づくほど抜けやすい)。

革の種類も影響するようで、コードバンは硬いので、ヒールが抜けやすいと感じます。

他方カーフは柔らかいので、同じサイズでも抜けにくいです。

まとめ

オールデンファンを悩ませる「サイズ問題」の参考として、僕が経験した全サイズ・全ラスト合計30パターンについて、感想とともにご紹介しました!