デスク・チェア
PR

【FlexiSpot「E8」動画付レビュー】昇降デスク初心者にもオススメ|E7(Pro)も

Shogo
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Shogo
Shogo
Profile
ガジェット・デスク周り・革靴・財布・ファッションなど、生活や仕事が豊かになるモノを厳選して紹介しています。
プロフィールを読む

こんにちは、電動式昇降デスクが生活に欠かせないShogo(@shogo_zenbutsu)です。

昇降デスクは安くない買い物ですし、簡単に買い換えるわけにもいきません。

どのメーカーのデスクを買えば失敗しないんだろう?

そういう風に悩むのは当然です。

そして「FlexiSpot(フレキシスポット)」は電動昇降デスクの代表的ブランドの1つですが、

FlexiSpotはモデルが多すぎて決められないので、オススメを教えてほしい

そう思う気持ちもよくわかります。

先に結論を言うと、フレキシスポットは昇降デスク初心者にもオススメ

そしてフレキシスポットの中でも、

  • E7
  • E7 Pro
  • E8

この3モデルから選ぶのがオススメです。

オススメな理由
  • 昇降範囲が広い(特に下限が重要)
  • デュアルモーターなので安定感と耐荷重が抜群
  • 大きな天板でも対応可能

特に長時間使う方は、安いモデルを買うと後悔しかねません。

必要な投資だと思って、上位モデルを買うのが断然オススメです。

画像出典:FlexiSpot HP

そして今回、フレキシスポットからE8をご提供いただきましたのでレビューさせていただきます!

E8の概要

ご提供いただいたものバリエーション
天板種類長方形天板
(FlexiSpotで最安値)
純正の高級天板などもあり
天板カラーメープル長方形天板は8種類
天板サイズ160×70×2.5cm長方形天板は4種類
脚カラーブラック2種類
(ブラック/ホワイト)

【特徴①】楕円形の脚部デザイン

画像出典:FlexiSpot HP

E7とE7 Proは、このように四角の脚です。

E8は、楕円的のデザイン

ちょっとした差に思えますが、柔らかい雰囲気になりますし、安全面にも配慮されています。

純正天板は四隅が丸いので、天板との相性も抜群!

【特徴②】昇降範囲が広い

フレキシスポットの中には、71cmまでしか下がらないモデルもあります。

身長や好みにもよりますが、やや高いです。

画像出典:楽天市場
モデル昇降範囲
E758~123cm
E7 Pro60〜125cm
E8

このようにE7(Pro)とE8は、かなり低い位置まで下げられるので、小柄な方でも大丈夫です。

しかも、ミリ単位で調整できます。

高さが合わないと、姿勢や生産性にも影響するので妥協しないようにしましょう!

障害物検知機能も付いているので、物や手が挟まれた場合、すぐに動作をストップするので安心。

【特徴③】多機能フルタッチパネル

ワンタッチで昇降できるのは、電動式の大きなメリット。

E7、E7 Pro、E8に共通して、

  • メモリー機能
    →あらかじめ設定した高さまでワンタッチで昇降
  • ロック機能
    →誤って触った場合に動作しないようにロック

これらの機能が付いています。

さらにE7 ProとE8には、充電可能なUSB端子も付いています。

【特徴④】安定した動作

僕が重視しているのは、「スムーズに昇降できること」。

そんなの当たり前じゃないの?

そう思われるかもしれません。

しかし僕が最初に買った他メーカーの電動式昇降デスクは、昇降のときに頻繁に止まっていました。

初期不良なのか性能なのかわかりませんが、サポートに連絡しても的確なアドバイスをいただけず、本当にストレスでした。

「スムーズに昇降できること」は超基本ですが、本質的な機能。

デスクは日常的に使うものなので、なおさら重要です。

その点E8は、途中で無駄に止まることはなく、実に快適に昇降できます。

E7(E7 Pro)は実物を使ったことはありませんが、スペックや色んな方のレビューを拝見しても問題ないと思います。

正直、フレキシスポットのようにユーザーが多いメーカーがオススメです。

ユーザーが多いほうが、ネット上で参照できる情報も多く、製品もアップデートされますよね。

僕は最初にマイナーなメーカーを買ってしまい、レビューもほとんどなくて失敗しました…。

画像出典:楽天市場

多少音はしますが、かなり静かです。

耐荷重

モデル耐荷重
E7125kg
E7 Pro100kg
E8125kg

E7 Proはデザイン的に少し耐荷重が低いですが、これでも十分。

大型モニターなどを設置しても問題ありません。

フレキシスポットの低価格モデルだと、耐荷重が40kgや50kgだったりするので、やはり上位モデルがオススメです。

天板は何を選ぶべき?

YouTubeやブログを見ていると、天板を自作したり他のメーカーのものを使っている方が多いです。

ただ、多くの手間がかかったり、ものによっては高額になります。

今回ご提供いただいたのは、フレキシスポットの中では最安の天板。

実物を見るまでは正直どうかなと思っていたんですが、かなり良かったです。

非常にバランスが良くて、強いこだわりがある方でなければ、十分オススメできるクオリティ。

詳しくはこちら
動画付|FlexiSpot最安の純正天板「長方形天板」実際どうなの?【フレキシスポット素朴な疑問#1】
動画付|FlexiSpot最安の純正天板「長方形天板」実際どうなの?【フレキシスポット素朴な疑問#1】

もちろんDIYが得意な方や、他のメーカーのものを選ぶのもオススメです。

FlexiSpotでも、木製の高級天板もあります。

DIYが苦手でも、組立てや収納アクセサリーの設置はできる?

組立時にネジ穴を4箇所開ける必要がありますが、家庭用の電動ドライバーがあれば意外と簡単にできます。

収納アクセサリーも、ネジ穴を開けられれば良いですが、その他の方法でも設置は可能です。

僕は、何年も前に買って眠っていた電動ドライバーを使いました。

DIY未経験ですが、意外とすんなりできました!

created by Rinker
京セラ(Kyocera)
¥6,329 (2024/05/28 16:54:25時点 Amazon調べ-詳細)
詳しくはこちら
動画付|FlexiSpotはDIYが苦手でも組み立て&収納アクセサリーを設置できる?【フレキシスポット素朴な疑問#2】
動画付|FlexiSpotはDIYが苦手でも組み立て&収納アクセサリーを設置できる?【フレキシスポット素朴な疑問#2】

結局、E7、E7 Pro、E8どれがオススメ?

左から、E7、E7 Pro、E8。

E7とE7 Proは、脚はどちらも四角ですが、形に大きな差があります(Proは「コ」の字型)。

E8は、脚が楕円形になっているところが大きな差。

それぞれ多少スペックに差はあるものの、決定打にはなりません。

ですから、デザインと価格で選んで良いかなと思います

価格

モデル価格
E7¥57,200〜
E7 Pro¥61,600〜
E8¥66,000〜

通販で買う方法

FlexiSpot直営オンラインストア

E7
E7 Pro
E8

Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング

created by Rinker
FLEXISPOT
¥42,750 (2024/05/29 00:46:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
FLEXISPOT
¥49,500 (2024/05/29 00:46:13時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

電動式昇降デスクを代表するブランドの一つ、FlexiSpot(フレキシスポット)。

様々なモデルがリリースされていますが、オススメはE7、E7 Pro、E8です。

そこで今回は、E8の実物とともにオススメな理由などを紹介しました。

参考になれば嬉しいです!

About Me
Shogo
ガジェット・デスク周り・革靴・財布・ファッションなど、生活や仕事が豊かになるモノを厳選して紹介しています。
記事URLをコピーしました