デスク・チェア
PR

動画付|FlexiSpot最安の純正天板「長方形天板」実際どうなの?【フレキシスポット素朴な疑問#1】

Shogo
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Shogo
Shogo
Profile
ガジェット・デスク周り・革靴・財布・ファッションなど、生活や仕事が豊かになるモノを厳選して紹介しています。
プロフィールを読む

こんにちは、在宅ワーク中心のShogo(@shogo_zenbutsu)です。

長時間机に向かう僕に欠かせないアイテムが、電動式昇降デスク。

色んなメーカーから発売されていますが、その中でも「FlexiSpot(フレキシスポット)」は、「昇降デスク(スタンディングデスク)といえばFlexiSpot」と言って良いほど人気。

しかし過去に電動昇降デスクを買ったとき、悩んだ結果フレキシスポットを選びませんでした。

その理由は、主に2つ。

  1. 一番安価な純正天板のクオリティが分からない
  2. DIYが苦手なので、使いこなせる自信がない

そんな中でフレキシスポットから、「まぁそう言わず一度使ってみてよ」ということで商品提供いただきました(実際はとても丁寧なメッセージを頂戴しました!)

天板を自作したり他のメーカーのものを使っている人も多いけど、実際純正天板ってどうなの?

FlexiSpotで一番安い天板だと、やっぱりイマイチなのかな?

この記事では、こういった疑問に忖度抜きでお答えします。

自作したり他のメーカーのものを買うのに躊躇している方の参考になれば嬉しいです。

純正天板解説

YouTubeやブログでFlexiSpotを紹介している方の大半が、

  • 自作天板
  • FlexiSpot以外から購入した天板

どちらかを使われています。しかも超絶オシャレで、こだわりを感じるものばかり。

ただ、多くの手間がかかったり、ものによっては高額になります

僕は自作は絶対ムリです…

「じゃあ純正天板ってどうなの?」という話ですが、実際にお見せしましょう!

FlexiSpotには様々な天板がありますが、こちらは一番リーズナブルな「長方形天板」

え?めちゃくちゃ良いやん!

最初に見た時、本当にそう思いました。

素材

素材は、丈夫でエコな「メラミン樹脂化粧板」

木目調になっていますが、木製ではありません。

カラーとサイズ展開

カラー展開は8色
  1. ブラック
  2. マホガニー
  3. メープル
  4. ホワイト
  5. ホワイトウッド
  6. グレイウッド
  7. ライトグレー
  8. ダークブラウン
サイズ展開は4種類
  1. 100×60cm
  2. 120×60cm
  3. 140×70cm
  4. 160×70cm

※厚みはいずれも2.5cm

僕は、カラーは「メープル」、サイズは「160×70cm」を選びました。

個人的には、140cmが標準的で、大きめが良い方は160cmがオススメ。

100cm・120cmは、仕事机としては狭いと思います。

長方形天板の価格

サイズによって異なり、9,900円から。僕が選んだ160×70cmだと19,800円

純正の中では、かなりリーズナブルです。

バランスが良くて十分オススメできるクオリティ!

正直、もっとチープなものを想像していました(スミマセン…)

というのも、以前買った他ブランドの昇降デスクもメラミン化粧板でしたが、もっとチープな感じでした。

木目調なのも、いかにも「木の雰囲気を再現してみました!」という感じではなく、とても自然で上品。

「木です」と言われたら気づかないほど。

サラサラとした手触りで凹凸もほとんど無く、直接紙を置いて書いても問題ありません。

四隅が丸くなっていて、見た目も柔らかく、安全面にも配慮されています。

水や汚れに強いのも特徴。

水をこぼしても、サッと拭けばシミが残りません。

もちろん、「木製天板に匹敵するくらいのクオリティ」とまでは言いません。

ただ、非常にバランスが良くて、強いこだわりがある方でなければ、十分オススメできるクオリティ

自作したり他メーカーの天板を買えば手間や費用が増えることも考えると、選択肢として十分アリです!

使っていくうちに「やっぱり天板にこだわりたい!」となったら、天板だけ取り替えられるのもメリット!

FlexiSpotでも、木製の高級天板もあります。

モデルは「E8」

また改めて紹介しますが、今回「E8」というモデルをご提供いただきました。

FlexiSpotはモデル展開が多いですが、機能性を考えると、

  • E7
  • E7 Pro(コの字型)
  • E8

この3択がオススメです。

長く使うものなので、安価なモデルを買うと後悔しかねません。

今回僕が購入した組み合わせだと、85,800円(税込)。

定期的にセールも開催しているので、安くなったタイミングで購入するのもオススメです。

created by Rinker
FLEXISPOT
¥66,000 (2024/06/16 04:09:35時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

電動昇降式デスクを代表するブランドの一つ、FlexiSpot(フレキシスポット)。

天板を自作したり他のメーカーのものを使っている方が多い中、「純正天板ってどうなの?」という疑問にお答えしました。

参考になれば嬉しいです!

About Me
Shogo
ガジェット・デスク周り・革靴・財布・ファッションなど、生活や仕事が豊かになるモノを厳選して紹介しています。
記事URLをコピーしました