デスク・チェア
PR

動画付|FlexiSpotはDIYが苦手でも組み立て&収納アクセサリーを設置できる?【フレキシスポット素朴な疑問#2】

Shogo
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Shogo
Shogo
Profile
ガジェット・デスク周り・革靴・財布・ファッションなど、生活や仕事が豊かになるモノを厳選して紹介しています。
プロフィールを読む

こんにちは、電動式昇降デスクが生活に欠かせないShogo(@shogo_zenbutsu)です。

「FlexiSpot(フレキシスポット)」は、「昇降デスク(スタンディングデスク)といえばFlexiSpot」と言っても良いほど人気。

しかし過去に電動昇降デスクを買ったとき、悩んだ結果フレキシスポットを選びませんでした。

その理由は、主に2つ。

  1. 一番安価な純正天板のクオリティが分からない
  2. DIYが苦手なので、使いこなせる自信がない

そんな中でフレキシスポットから、「まぁそう言わず一度使ってみてよ」ということで商品提供いただきました(実際はとても丁寧なメッセージでした!)

DIYは苦手だけど、組み立てたり、収納アクセサリーを付けられるの?

この記事では、こういった疑問に忖度抜きでお答えします。

DIY未経験な方、DIYが面倒だと感じてしまう方の参考になれば嬉しいです。

天板を自作したり他のメーカーのものを使っている人も多いけど、実際純正天板ってどうなの?

FlexiSpotで一番安い天板だと、やっぱりイマイチなのかな?

1
Question

DIYが苦手でも組み立てられる?(純正天板の場合)

結論

丸を付けた4箇所だけはネジ穴が開いていないので、自力で開ける必要があります

家庭用の電動ドライバーがあれば、DIY未経験者でも大丈夫だと思います。

それ以外は元々ネジ穴が開いているので、手動ドライバーと付属の六角レンチで組み立て可能!

僕は、何年も前に買って眠っていた電動ドライバーを使いました。

DIY未経験ですが、意外とすんなりできました!

created by Rinker
京セラ(Kyocera)
¥6,500 (2024/04/20 07:51:47時点 Amazon調べ-詳細)

ネジ穴を開ける作業は、天板や棚の自作と比べれば格段に楽。

本格的なDIYはムリでも、これくらいなら大丈夫かなと思います。

全体的な組み立ても、説明書が分かりやすくて簡単。

ただ、重たいので2人でやるのがベストです。

ちなみに、どのメーカーの昇降デスクでも組み立ては必須ですし、重たいです。

2
Question

DIYが苦手でも収納アクセサリーを設置できる?

結論

DIYは必須ではありませんが、ネジ穴を開けて設置した方が見た目も機能も格段に上がります!

天板自体には、基本的に引き出しなどの収納がありません。

created by Rinker
FLEXISPOT
¥8,800 (2024/04/20 07:51:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
FLEXISPOT
¥5,500 (2024/04/20 07:51:48時点 Amazon調べ-詳細)

そこで、天板裏に引き出しやケーブル収納を付けると便利。

その場合は、組立時と同じ方法で、ネジ穴を開ける必要があります

組み立てができれば、こちらもできるはず。

「どうしても穴を開けたくない」という方は、クランプ式のアクセサリーや両面テープで付ける方法もあります。

画像出典:Amazon
created by Rinker
サンワダイレクト
¥5,780 (2024/04/20 07:51:49時点 Amazon調べ-詳細)
画像出典:Amazon
created by Rinker
サンワダイレクト
¥5,926 (2023/08/27 09:47:00時点 Amazon調べ-詳細)

結構色んな商品が出ています。

クランプ式は楽に取り付けられる反面、天板の表に引っ掛けるので見た目が気になるかも…。

天板裏にこだわらなければ、デスク上に台や収納アクセサリーを置いたり、デスク周りにデスクワゴン(デスクキャビネット、サイドキャビネット、袖机)や棚を置く方法もあります。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,300 (2024/04/20 07:51:50時点 Amazon調べ-詳細)

こういうシンプルなモニター台もあれば、引き出し付きのものもあります。

created by Rinker
FLEXISPOT
¥14,500 (2024/04/20 07:51:51時点 Amazon調べ-詳細)

FlexiSpot純正ワゴンは、かなりオシャレ。

まとめ

電動式昇降デスクを代表するブランドの一つ、FlexiSpot(フレキシスポット)。

YouTubeやブログを見ていると、組み立てが大変そうだったり、DIYで収納アクセサリーを取り付けている方も多いです。

ただ、「DIYは苦手」という方も多いはず。

そこで、「DIYが苦手でも、組み立てたり収納アクセサリーを付けられるの?」という疑問にお答えしました。

参考になれば嬉しいです!

About Me
Shogo
ガジェット・デスク周り・革靴・財布・ファッションなど、生活や仕事が豊かになるモノを厳選して紹介しています。
記事URLをコピーしました