靴磨き/メンテナンス

THE WAY THINGS GOの「KINKOU」馬毛ブラシレビュー!

Alden(オールデン)を始め革靴が大好きなので、定期的に靴磨きもしています。

ただシューケアグッズは一通り揃えていますが、高級ブラシとは無縁でした。

ところが今回、ブログ読者の方から、とあるブラシをプレゼントして頂きました!

それが、「KINKOU」の馬毛ブラシ!

「KINKOU」とは?

石見豪さん率いる「THE WAY THINGS GO」が、2018年4月に立ち上げたブランド!

石見さんと言えば、「靴磨き日本選手権大会2018」にて優勝した、超有名な靴磨き職人さんです!

既存のブラシメーカーとのダブルネームではなく、100年以上の歴史を持つ老舗メーカーの協力を得て実現したオリジナルブランド!

憧れの高級ブラシ!しかも2個!!

なんとこちらは、1万円を超えるブラシ!

もちろん存在は知っていましたし、その価値があるとは思っていました。

ただ、なかなか自分では踏ん切りが付きませんでした。

そんな中、まさかプレゼントして頂けるとは…しかも2個も…。ブログやってて良かったです。

鮮やかなオレンジをまとった、高級感あふれる箱!

馬毛には馬、豚毛には豚、山羊毛には山羊が描かれています。

自分史上、最高級のブラシ。いや、最高級のシューケアグッズです。

さすがに緊張します。

可愛いイラストが描かれた説明書付き。

震える手で紙をめくると、ついにブラシが登場!

高級感が、容赦なく押し寄せてきます!

手に馴染んで、持ちやすい小判型!

この形にすることで、持ち手のカーブに沿って毛をビッシリと隙間なく植えられるそうです。

指を掛ける部分がくぼんでいるのも、持ちやすさの秘訣!

余計な力が入らず、滑らかにブラッシングできます。

毛の長さが凄い!

豚毛より柔らかい馬毛は、革靴を脱いだ後や靴磨きの最初にホコリなどを落とすのに最適。

そして奥からホコリなどを掻き出すには、ある程度の長さが必要です。

その点このブラシは、僕が持っている物の1.5倍〜2倍くらいの長さ。

それでいて、適度な硬さと張りがあるので、非常に使いやすいです!

ビッシリ植えられた馬毛!

職人がひと穴ごとに手植えしているという、フルハンドメイドの手植えブラシ。

毛切れを起こさず、脱毛もほとんど起こらないそうです。

それにしても、毛の量が凄い!

使い心地は?

いやぁ、やっぱり違います!

革靴にブラシを当てた瞬間から、毛の量と弾力が全然違います。

そして毛が長いのは、想像以上に便利でした。

元々使っていたものでも不便は感じていませんでしたが、一度良いものを使うと「違うな〜」と実感!

頻繁に買い換える物ではないので、良いブラシを揃えるのもアリだと思いました。

通販サイトはこちら!

売り切れることも多いみたいです。

リーズナブルなブラシなら、コロニルがオススメ!

紹介記事!
リーズナブルなのに優秀な「コロニル馬毛ブラシ」がオススメな5つの理由!|オールデン初心者に捧げるまとめ#31

「オールデン初心者に捧げるまとめ」とは?
主に「Alden(オールデン)に興味を持って3年以下の方」(便宜上「初心者」と呼びます。)…

僕のコードバン靴みがきはコチラ!

Alden Fan blog | 前略、物欲が止まりません。

物欲が止まらない30代が、Alden(オールデン)のことを中心に書き綴るブログです。

まとめ

「THE WAY THINGS GO」のオリジナルブランド、「KINKOU」の馬毛ブラシをご紹介しました!

なんとブログ読者の方からプレゼントして頂きました。

もちろん存在は知っていましたが、高級ブラシを買う踏ん切りが付いていませんでした。

しかし実際に使ってみると、素晴らしいです!完売が続く理由を、垣間見た気がします。