HALISON(ハリソン)

ハリソンソックスは冬のオールデンに合わせたいオシャレで快適な靴下!

溺愛するAlden(オールデン)に合わせたいオシャレ靴下、HALISON(ハリソン)!

以前ハリソンのボーダーソックスをご紹介しましたが、今回は、秋冬に最適な暖かい靴下をご紹介します!

ハリソンとは?

1925年創業の靴下工場を母体に、1966年に設立された株式会社ハリソンからリリースされたブランド!100%自社工場生産を行う、Made in Japanのソックス専門メーカーです。

発売以来、多くのトラッド専門店やアウトドア専門店で「高品質なソックス専門ブランド」として取り扱われ、ブルックスブラザーズ・ジャパン、ユナイテッドアローズをはじめとする国内外の有名ブランド・セレクトショップのOEM生産も行っています。

今回購入した3足!

ついに、ハリソンの代名詞的存在「アーガイルソックス」を購入しました!

本当に生地がしっかりしていて、高級感があります!1足ずつ見ていきましょう!

①タスマニアウール アーガイルソックス!

タスマニアウールを使用した厚手のアーガイルソックスです。

「タスマニア産ファインメリノ ( 19.5ミクロン ) を紡毛用主原料にする」という贅沢な原料使いだそうで、非常に柔らかい風合いです!もちろん、保温性も抜群です。

ハリソンは、オシャレなデザインだけでなく、厚みや素材のバリエーションにもこだわっているところが好きです。

ダイヤ柄はくるぶしまでの靴下も多いですが、甲まで入ったこだわり!

冷え性で、薄手の靴下だと辛い僕にとっては救世主です!

薄手のソックスでジャストフィットの革靴だとキツイと思いますが、多少ゆとりのある革靴ならフィット感を高めてくれます。

僕は、レアカラーはハーフサイズ大きくても買うことがありますが、そういう時にも厚手のソックスは大活躍です。

楽天のTRAD HOUSE FUKUSUMIさんで購入しました!

ラムウール レジメンタルストライプ ボーダーソックス

ラムウールは、抜群の保温性と吸湿・発散性を備えており、冬に最適な天然素材!①の靴下が厚手であるのに対し「中厚」ですが、素材の良さもあって暖かいです!

非常にふっくらしています!

シガーロングウイングチップ97894と合わせます。派手過ぎず地味過ぎないデザインがグッドです!

こちらも楽天のTRAD HOUSE FUKUSUMIさんで購入!

③スーピマ アーガイルソックス!

高級超長綿スーピマのシルケット加工糸を使用したというソックス!適度な光沢のある、高級感溢れるソックスです!

①・②と比べるとサラッとした風合いです。表記上は「厚手」なのですが、①(厚手)・②(中厚)の方がふっくらしています。①・②は秋冬向きで、この靴下は通年で使えそうです。

こちらも足の甲までダイヤが入ったこだわり!赤×緑×ネイビーという配色も素敵です!

バーガンディコードバンAF26との相性も抜群!溺愛するオールデンには溺愛するソックスを履きたいものです!

こちらも楽天のTRAD HOUSE FUKUSUMIさんで購入!

ハリソンの選び方!

種類が多いのはありがたいのですが、正直素材や編み方のことはサッパリ分かりません!

そこで僕は、厚さの表記に加え、素材の特徴に関する説明を参考にしました。とはいえ、革靴を買う時ほど慎重にはならず、デザイン重視です!

その点、TRAD HOUSE FUKUSUMIさんの商品ページには、素材の特徴や季節も書いてあるので参考になりました。

3足を比較!

厚みというか、ふっくら感が全然違います!

上:スーピマ アーガイルソックス(厚手)

中:タスマニアウール アーガイルソックス(厚手)

下:ラムウール レジメンタルストライプ ボーダーソックス(中厚)

こうして見ると、一番上が、厚手にも関わらず一番薄いです。真ん中の厚手は、さすがに厚いです!素材の違いが出ています。

一般的な薄手ソックスと比較!

スーツにも合わせる薄手のソックスです。洗ってあるので安心して下さい。

ラムウールソックス(中厚)と比べると、その差は歴然!履くシーンが違うので良し悪しではありませんが、参考までに。

革靴のフィット感は靴下によっても変わるので、ぜひ革靴と相性の良い素材や厚さを選んでみて下さい!

楽天で買えるハリソン!

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%80%80%E9%9D%B4%E4%B8%8B/?f=1&grp=product

まとめ

デザインの良さはもちろん、素材にもこだわるHALISON(ハリソン)の、冬でも快適なソックスをご紹介しました!