ガジェット

【難しい話ゼロ】BOSEの高音質ワイヤレススピーカー「SOUNDLINK MINI Ⅱ Special Edition」レビュー!

僕にとって音楽は、生活に欠かせない存在。

音質は、PCやiPhoneの内蔵スピーカーでは物足りません。
見た目も大事です。

ただ、高音域がどうとか低音域がどうとか、その手の話は全く分かりません。

そんな僕が、満足のいくスピーカーに出会えたのでご紹介します!

「難しいことはサッパリだけど、良い音質で聴きたい。ただ強いこだわりは無いし、価格もそこそこに抑えたい」

そういう方の参考になれば嬉しいです。

もちろん音楽だけじゃなく、PCやスマホでYouTubeや映画を見る時にも、外付けスピーカーがあると迫力が違います!

これまで使っていたのは「Tivoli Audio(チボリオーディオ)」!

約4年前に購入した、「Model One BT」というモデル。

Bluetooth(ブルートゥース)でPCやスマホと接続できて、ラジオも聞けます。

これを選んだ理由は、完全に「見た目」!

何かの本で見て、一目惚れしました。

インテリアとしても抜群で、本当に素晴らしいデザインです。

音質も、僕が持っているMacBook Pro(2020年モデル)内蔵スピーカーより断然良いです。

ただもう一台欲しいと思って、色々探しました。

求める条件!

・見た目は大事

・Bluetooth必須

・持ち運びにはこだわらない(据え置きでOK)

・PCやiPhoneより高音質(でも強いこだわりはない)

・価格は2~3万円(安い物を買うと後悔しそうですし、毎日使うので)

BOSE(ボーズ)SOUNDLINK MINI Ⅱ Special Editionを購入!

ネットで調べても、種類が多すぎて断念…。

家電量販店で説明を聞いて、「サウンドリンクミニⅡ・スペシャルエディション」を購入しました!

今作は「Ⅱ」で、初代は2013年発売の「SoundLink Mini Bluetooth speaker」。

さらに今作は、「SPECIAL EDITION」。

2015年に「SOUNDLINK MINI Ⅱ」が出て、「SPECIAL EDITION」は2019年11月リリース。

カラー展開は、僕が買った「ラックスシルバー」と「トリプルブラック」の2色です。

ケーブルは黒。

本体がシルバーなので白が良かったですが、仕方ないです。

Amazonレビューを見て知っていたので、ショックはありません。

BOSEと言えば超有名メーカーですが、初めて買いました。

ずっと憧れがあったので、嬉しいです!

洗練された超絶スタイリッシュデザイン!

正面は、シンプルにロゴのみ!

裏も超シンプル!

他のオーディオ機器に接続できるAUX入力端子と、USB-C端子。

接続方法は、後で解説します。

逆サイド。

デザイン性を損なわない、シンプルなボタン。

シームレスなアルミボディ!

このシルバーの部分は、アルミ製!

シルバー色のプラスチックだったら、この色は選んでないです。

Macと相性抜群過ぎて、悶絶します。

BOSEの方がやや色が濃くて、マットな質感です。

手のひらサイズで持ち運びも便利!

この手のスピーカーは、やたら「キャンプやバーベキューにも持っていけます」とアピールしてきますが、その予定はありません。

チボリオーディオと比べると、この違い!

公式発表では680gですが、量ってみると667g。

確かに軽いですが、良い意味でズッシリとしてます。

早速Bluetoothで接続!

説明書は超簡単。
普通に使うには、これで十分です。

ネット上で、詳しい説明書も見られます。

ペアリングは超簡単!

スピーカーをON、スマホのBluetoothをONにして、「Bose〜」を選ぶだけ!PCでも同じです。

接続されると、ランプが点灯。

そしてスマホで音楽を再生すれば、めでたくスピーカーから音が出ます!

「ワイヤレスは音が途切れるのでは?」と思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

音声ガイドを無効にする方法

初期設定だと、電源を入れるたびに「バッテリー○%です。iPhoneと接続しました」と音声ガイドが流れます。

しかも「iPhone」の発音が、「アイフォーンヌ」という完全ネイティブ。

音声ガイドは、音量の「+」と「−」を長押しすれば無効にできます。

僕は速攻で無効にしました。

肝心の音質は?

「小さなスピーカー=持ち運びには便利でも音質が悪い」と思ってました。

ところが店員さんに話を聞くと、「このサイズでも十分良い音が出ます」とのこと。

半信半疑で試聴してみると、確かに良い!

購入して数日使いましたが、やっぱり良いです!

PCやiPhoneの内蔵スピーカーだと、「軽い」感じがします。迫力が無いというか。

その点このスピーカーは、音がクリアで重厚。特に重低音の迫力があります。

この小さなボディから、この迫力のサウンドは驚き。

聞き慣れた曲でも、「こんな音鳴ってたんだ」と思うほどでした。

ただ、「低音が苦手」という方には向かないかもしれません。

音の善し悪しの定義も人それぞれで、色んなスピーカーを聴き比べたわけではないですが…。

使い方は2種類!

1.充電した上で、バッテリーで使う

※満充電でのバッテリー持続時間は最長12時間で、4時間で満充電。

2.充電しっぱなしで使う

接続方法!

①コンセントにつなぐ方法

同封されているのは、USB-C・USB-Aケーブル。

USB-Aは、一般的な「USB」と呼ばれる規格です。

USB-Cは最近増えてきた規格で、macbookなどに使われています。

USB-Cを本体に接続。

USB-Aを、何かしらの充電機器に接続(※同封されていません)。

上の写真は、iPhoneに同封されていた充電器です。

そして、コンセントにつなげばOK。

ポートが複数ある急速充電器もオススメ。

片方は繋ぎっぱなしで、もう片方でスマホの充電なども可能です。

安定の「ANKER」。

iPhone充電器2つ分より少し大きいですが、急速充電は魅力です。

コンセント部分を折り畳めるので、持ち運びも便利。

僕が買ったのはこれで、毎日使ってます。

ただこちらの方が新しくて安いです。

レビューもかなり良いので、今から買うならこちらがオススメです。

②パソコンにつなぐ方法

この方法だと、充電機器は不要。

パソコンから電力をもらえる状態ならOKです。

ただ僕が持っているMacBook Proは、USB-Cのみ。

同封のケーブルは繋げません。

そこで、パソコンにUSB-Aが無い場合の解決法を、2つご紹介します。

USB-C・USB-Cケーブルを使う方法

これで接続できます!

上の写真はアップル純正のケーブルですが、Amazonでも安価で結構売ってます。

ハブを使う方法

PCにハブを付ければ、同封のケーブルをそのまま使えます。

ハブは、SDカードなども使えるので便利です。

こんな感じで接続できます!

僕が持っているのは、dodocool。

少し高いですが、SATECHIも憧れてます。

価格は定価24,200円!

2,000円とかでもスピーカーは買えるので、この価格をどう見るかは人それぞれ。

ただ実際聴き比べたわけではありませんが、ある程度までは価格と品質は比例すると思っています(イヤホンなどもそう感じます)。

そして僕は、「毎日使うものなので妥協したくない」という気持ちが強いです。

そう考えると、もちろん安い買い物ではありませんが、十分価値があると思いました!

イヤホンは「AirPods Pro」が断然オススメ!

ワイヤレスイヤホン初心者こそAppleの「AirPods Pro」を買うべき6つの理由!

ワイヤレスイヤホン初心者向け「AirPods Pro」レビュー!

約15年間、頑なに「有線イヤホン+iPod」を貫いてきました。

しか…

まとめ

BOSEのスピーカー「SOUNDLINK MINI Ⅱ Special Edition」をご紹介しました!

Bluetoothで接続できて、小さなボディから想像もできない高音質。
さらに洗練されたデザインなので、所有欲を満たしてくれます。
もちろんもっと安価なスピーカーは沢山ありますが、毎日使うものなので、こだわって選びました。
「難しいことはサッパリだけど、良い音質で聴きたい。ただ強いこだわりは無いし、価格もそこそこに抑えたい」
そういう方の参考になれば嬉しいです!